注文住宅を建てる難しさ

注文住宅の良さとしてはやはり自分達で好きなように家の間取りや外観また細部に渡って自分の拘りを決めれることだと思うのですが、その分建売住宅に比べて費用が掛かってしまいがちになってしまう。 注文住宅が欲しいと言ってもいざどんな家にしますかと言われた時に自分の知っている方の家の間取りなどに近づいてしまい、どこに拘りたいかと言う事が自分達自身もいまいち明確にできていない事が多い。 そして全て自分達で決めれるといっても法律上の問題でどうしても自分達の希望が通らない事があったり、希望を通せばどんどんのオプション費用が追加されてしまい気づいたら予算の家とかけ離れてしまっていて少しづつ妥協できるところは削っていく事が多い。 注文住宅を実際に作っていく中で思うことは、本当に全て自分達の思うような理想の家を建てたいのであれば相当なお金が必要であり、予算の中で家を建てるのであれば妥協していかなければいけない事も多いというのが現実だと思います。