一戸建てをもう一度、考えてみる

現在、住んでいるマンションを売り払って、もう一度、マイホームを考え直そうかなと、思うことがあります。 それは、2世代住宅で一戸建てを建ててのマイホームです。   実家には、まだ、両親が元気で生活をしているのですが、もう数年も経てば、介護のことも意識しなければなりません。 しかし、今のマンションでは、手狭なスペースしがありません。   そうなると、2世代家族が同居できる一戸建てを考えざるをえないなということになったのです。 「建売りより注文住宅かなぁ。」 とおぼろげなかまらにも、そんなことを考えいるところですがと、色々と調べていくうちに、注文住宅だと、自分達の生活スタイルを反映しやすくなるので、とても機能的で快適な生活空間を作ることができそうなのです。   これから子供達が独立しても、もしかすると、同居するかもしれない。 それも考えると、親との同居・子供達との同居と、本当に注文住宅でないと、生活の場を描けないなと感じました。