住宅の材料は本当に沢山の数があります

住宅を新築で建てる時には本当に沢山の材料があります。

家を建てるといっても基礎から屋根まで本当に数え切れない材料の数があります。

私は運送業をしていた経験があり、毎回新築に材料を運搬していた事があるので色々と裏側が分かったのですが、材料は勿論ですがピッタリ注文をするという事がは基本的には無いんですね。

なので配送する倉庫等にはその材料は結構余裕があるのです。

そして配送で持っていく材料も勿論ピッタリ持っていくなんて事は有り得ないので、当然結構な量が余って後ほど余材を回収しにいき、何と殆ど捨ててしまうという驚愕な現実が待っているのです。

なので本来払っている住宅の金額にはそういう余って捨てる材料代等もしっかりと含まれているという事になるのです。

私も最初に運送業に入ったばっかりの頃は、え?捨てちゃうの?と驚いたのですが、これは乗れない車を自分で分解して部品を売ればお金になるのに殆どの人がしないのと同様で、いちいち余った材料を使えるものと使えないものを仕分けしている時間が勿体無いという考えが先行しているのです。

確かに仕分けをする人も只で働いている訳では無いので、お金をかけたくないのならそんな所に時間をかけられないのです。

なので使える材料がどんどん毎日の様に捨てられていくのです。

なので、もし住宅の金額を押さえたいのであれば、材料の希望は一切無しにして、色がバラバラになっても良いという条件で、余った材料のみでやって下さいといえば、かなりの値引きが期待できるのではと新築住宅の裏側をみた私は思います。

<広告>
|童話集|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.co|生命保険の口コミ.COM|PageRankExpolreオ|じゃんけん必勝法|相互リンク募集中|驚愕頭部|ショッピングカート設置|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|主婦の在宅ワーク|アフィリエイト相互リンク